トップイメージ

「いずみず」のコンセプト

商品画像

「カラダよろこぶ水」

人間のカラダの約7割が水で出来ていると言われています。

カラダの中から綺麗になるには水の質はとても重要。

天然の恵みであなたの健康、食事、美容に、「カラダよろこぶ」体感をしてほしい。

いずみずにはそんな思いが込められています。

火山の恵み伊豆半島の地中800mから温度約60度で湧き出る天然の温泉水は、ph9.5の高アルカリ性で、硬度5の超軟水。

そして天然美容成分メタケイ酸が86.5mg/Lも含まれているナチュラルミネラルウォーターです。

「いずみず」はこんな水

源泉が無菌

地中800メートル 泉温58度で無菌

一般細菌数ゼロ、大腸菌群ゼロ。

イメージ画像

pH9.5の天然アルカリ水

カビの生育可能pH領域は2~8.5※と、広域にわたり生息しています。

しかし、いずみずはpH9.5の高アルカリ水。カビ菌が繁殖しにくい水といえます。

※文部科学省調べ

イメージ画像

硬度5の超軟水

日本のほとんどの水は、高度20~100の軟水。

いずみずは硬度5なので口当たりがまろやか。

お腹にもやさしくて飲みやすい!

イメージ画像

話題の美容成分
メタケイ酸がたっぷり!

今、美容業界でも注目されている話題の美容成分

「メタケイ酸」が86.5mg/Lも含まれています。

この数値は世界中で販売されているミネラルウォーターの中でもトップクラスの含有量を誇っています。

イメージ画像

劣化しにくい水
(備蓄水に適しています。)

水が腐る原因は水中の不純物と水質(pH値)が関係しています。

いずみずは不純物が極端に少なく、pH9.5と高アルカリ性なので腐りにくい水と言えます。

なので備蓄水におすすめです。

イメージ画像

抜群のミネラルバランスで
美味しい!

おいしさの理由はミネラル群のバランスの良さ。

ほんのり甘くまろやかなので、

常温で飲むのが一番おいしい!

白湯として飲むとさらに美味しさを感じられカラダにもやさしいのでおすすめです。

イメージ画像
いずみず 昭吉の湯 環境活動